wakamono no subete


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

JAWBONE ポータブル Bluetooth ワイヤレス スピーカー Jawbone JAMBOX レッドドット ALP-JAM-RD
JAWBONE ポータブル Bluetooth ワイヤレス スピーカー Jawbone JAMBOX レッドドット ALP-JAM-RD (JUGEMレビュー »)

まさに音楽を持ち運ぶ感覚。至る所に連れて行けます。超オススメ。
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G (JUGEMレビュー »)

GRを買い替えるか、D80用にこちらを買い足すか。うーん、悩ましい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
TOKI ASAKO "LIGHT!"
今や元Cymbalsという紹介が不要になってしまった感のある
土岐さんの入門編的なアルバム。
資生堂のCMに起用された「Gift 〜あなたはマドンナ〜」(傑作!)ほか、
タイトル通りに清涼感のある歌声とメロディが詰まっている。

"ポップミュージック"というフィールドのど真ん中から逃げることなく、
名曲を連発している今の土岐さんは本当に素敵だ。
願わくば、期間限定でいいのでCymbalsも再結成してもらえるといいのだけど。



| Music | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
Catia Canta Jobim
暖かくなると、無性にボサノヴァを聴きたくなるのは、
要するに僕が気分に流されやすい性質だからだろう。

このところよくかけているのが、
このジョビン生誕80周年時にリリースされたアルバム。
パリを拠点に活躍しているブラジリアン・ジャズシンガー
カチアによるこのカバー集は、
彼女のゆるやかでエレガントな歌声に、
ボサノヴァ黎明期を知る、
名うてのミュージシャンによる洒落たアレンジの演奏が絡んで、
まるでグラスに注いだばかりのミント水を連想させる、
オーガニックで、爽やかな風を感じるような作りになっている。

今の季節にこれ以上ないというくらいにフィットしている音楽。

| Music | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
Lui / Lui
Amazonで随分と安くなっていたので購入。
アプレミディから出ているので失敗はないだろうと思ったのだが、
予想以上に良かったので、ブログでも取り上げた次第。

ハワイアンAORの最高峰と言うふれこみで紹介されているが、
そもそもハワイアンAORというジャンルが
よく分からなかったりするのだけど(笑)、
美しく蒼い海が広がるジャケットに連想される通りの、
気持ちのいいリゾートミュージックをイメージしてもらえれば、
そのまま当てはまるようなアルバム。

これからの季節に相応しい、
聴いていると体感温度が何度か下がるアルバムだと思うので、
気になった人は早めに手に入れるといいと思います。
お勧め。


| Music | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
続けること
カジヒデキとリディムサウンター
¥ 2,380

40歳を過ぎても未だに“君”の敬称が似合うカジ君の新作。
今回は新鋭バンドのリディムサウンターとの競作で、
まるで新人バンドのデビュー作といった勢いを感じさせる作り。
これまでの作品以上に青臭さが満載で、
アルバムタイトル通りに青春映画を思わせるティーン感で
全力疾走している。
続きを読む >>
| Music | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
soldier of love / sade
「Lover's Rock」以来のシャーデーの新作。
どうやら10年ぶりらしい。
新作を待たされているんだけど、そんなに待っていない気もするのは、
僕が前作や旧作を今も変わらず聴き続けているからなんだろう。
寡作ではあるが、その分いつまでも聴き続けられるクオリティが
際立っているのだと思う。

今回の新作はこれまでのシャーデーらしい
スムースなグルーヴ感というよりは、
ゴツゴツした強い音やリズム(行進のような箇所もある)が特徴で、
歌詞同様にまさに「愛の戦士」的な作りになっている。
とはいえ、あの特徴のある美しい低音は健在なので、
結論としては「やっぱりシャーデー」という素晴らしさ。

きっと次の10年も変わらず聴き続けることは間違いないのだけど、
できれば5年後くらいに新作が聴けると嬉しい。(笑)

| Music | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/5 >>