wakamono no subete


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

JAWBONE ポータブル Bluetooth ワイヤレス スピーカー Jawbone JAMBOX レッドドット ALP-JAM-RD
JAWBONE ポータブル Bluetooth ワイヤレス スピーカー Jawbone JAMBOX レッドドット ALP-JAM-RD (JUGEMレビュー »)

まさに音楽を持ち運ぶ感覚。至る所に連れて行けます。超オススメ。
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G (JUGEMレビュー »)

GRを買い替えるか、D80用にこちらを買い足すか。うーん、悩ましい。
  • admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3


  • Graphic by tudu*uzu
  • Designed by evidence


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2010年 観た映画(獅子座)
ひとりE・ロメール追悼月間になります。
今回は監督デビュー作。

獅子座
Le signe du lion(1959.France)
Eric Rohmer
Jess Hahn/Michele Girardon/Van Doude

バカンスシーズンのパリで、
怠惰に生きる主人公に降って湧いた遺産相続を巡る悲喜劇。
後の「6つの教訓話」(six contes moraux)や
「喜劇と格言劇」(comedies et proverbes)シリーズに繋がるような、
「運命」や「神意」といった、個人の行動レベルでは抗うことの出来ない、
一つ上のレイヤーが左右する人間の在りよう(おかしみや悲しみ)に、
このデビュー作の時点から関心があったのかなと思う。

それにしても主人公がとにかく歩くこと。
まるで「歩くパリ案内」。
しかし、延々と歩くシーンだけで、主人公と周囲の人物との断絶や
都会の人間関係の寂寥感を描写してしまうのだから、
やっぱりすごい。


| movie 2010 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年 観た映画(容疑者Xの献身)
容疑Xの献身(2008.日)
西谷弘
福山雅治/柴崎コウ/堤真一/松雪泰子

TVドラマの映画化はおよそ雑で酷い出来
(=お金を払う価値があるとは思えない)
という印象があったのが、この作品は意外に良かった。
前述の先入観を見直さないと。

例えば、“容疑X”こと堤真一の孤独な出勤風景を追った
冒頭の場面が、後半の真相(トリック解明)と絡んでくるなど、
脚本がちゃんと練られている。
(とはいえ、その場面はちょっと親切すぎる気もするけれど)

出演も大げさなことはせずに、抑えた演技が続くが、
観客がその人物像や人生の歴史を想像できる余白を提供している。
作り手が作品を丁寧に制作している感じが伝わってきた。

TV版のように、福山雅治演じる主人公の派手な活躍場面は登場せずに、
地味な狂言回しに徹している感があるが、
この作品はそれでいいのだと思う。


| movie 2010 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/1